【2021年版】IIJmioアシストオプション解約方法

2021年7月24日、ヨドバシカメラ京都でアシストオプション契約(分割払い)をしてきましたので、あらためて簡単に説明しておきます。

OPPO A73が18,700円割引の100円(税込)となっています。京都の場合は台数限定です。このような100円キャンペーンは時期を見て都度実施されていますので、参考にして下さい。ヨドバシカメラのIIJmio格安端末は殆どがアシストオプション契約が必須となります。

機種価格(内訳)

OPPO A73の場合は店頭支払いが100円です。そして、残債は、1,250円(税抜)×12ヵ月分割払いとなるのですが、▲1,250円(税抜)×12ヵ月のアシストオプション割引が入りますので、結局、総額も100円です。

店頭支払額、毎月の分割支払額、毎月のアシストオプション割引額は、機種によって異なってきます。

そして、このアシストオプションは、即オプション解約してしまっても割引は有効なままです。12ヵ月契約を維持する必要はありません。また、回線契約自体も最低利用期間(2ヵ月)で解約しても構いません。

以下、機種価格18,800円(税込)、割引価格▲18,700円です。

機 種 価格(税込) 備 考
OPPO A73 18,800円 台数限定
項 目 内 訳(税込) 合 計
ヨドバシ独自割引 ▲2,200円(店頭割引) ▲2,200円
アシストオプション割引 ▲1,375円×12ヵ月 ▲16,500円
割引合計 ▲18,700円
アシストオプションの解約

アシストオプションの解約は、要は「まとめて支払い」ということです。「(1250-1250)×12ヵ月」続く支払いを、一気にまとめて「一括清算」しようということです。過去に実際に契約の上、何度か記事にしていますが、オプション解約(一括清算)してしまっても▲18,700円割引は有効なままですのでご安心下さい。

これは、回線(音声SIM契約)の解約ではなくて、あくまでアシスト「オプション」の解約ですのでご注意下さい。アシストオプションの解約(申し込み)は「契約後即可能」ですが、回線契約は2ヵ月(最低利用期間)維持する必要があります。現在のところ、回線契約、アシストオプションともに短期で解約したからといってブラックになるわけではありませんが、無駄に繰り返すことは避けた方がいいでしょう。

以下、アシストオプションの解約(まとめてお支払い)になります。7月24日契約、翌日25日にオプション解約です。▲15,000円は「税抜表示」です。なお、今回のケースでは回線契約の最低利用期間は8月末日迄です。

アシストオプション補足

アシストオプションは一人3回線まで契約可能です。1日に1回線まで、日を分けて計3回線までです。そして、3回線埋まった場合でも、上記のようにアシストオプションを解約すれば、1枠空きますので、そうすれば再度アシストオプション契約が可能になります。実際に確認はしていませんが、枠が空くのは「オプション解約した月の翌月1日から」かと思われます。

このアシストオプションは、IIJmioの割引ですので、ビックカメラ・ヨドバシカメラどちらで契約しても中身は同じです。

現在、ヨドバシカメラのIIJmioはほとんどがアシストオプション契約になります。ビックカメラのIIJmio(BIC SIM)の方が比較的アシストオプション無しで格安で購入出来る場合が多いです。

  1. この記事へのコメントはありません。