dカード GOLDの奨め/home 5Gホームルーター

ドコモのホームルーター「home 5G」ですが、最初の3年間は月々サポート▲1,100円が入るものの、月額3,850円(税込)の負担増となります。これはドコモユーザーであれば、利用料金の10%ポイント還元となる「dカード GOLD(年会費:税込11,000円)」を使わないともったいない、ということでこれから購入される方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

・月額税込3,850円(最初の3年間)
・月額税込4,950円(4年目から)

 

但し、特典を受けることが出来るのは「カード1契約につき1回線」ということで、自分の「スマホの電話番号」か「home 5Gの電話番号」のどちらかを選択する必要が出てきます。

本会員様カード/dカードGOLD家族カードそれぞれ登録されているご利用携帯電話番号が対象です。ご利用携帯電話番号は、カード1契約につき、1回線ご登録いただけます。

そこで一つ考えられるのは、家族カードを作って家族カードに家族名義の「home 5G」電話番号を紐づける、という方法があります。(家族全員がそれぞれ3,850円(税込)以上のスマホ代がかかっているということであれば、無意味になってしまいますのでご注意を。)

※「home 5G」も個別の電話番号、dアカウントが割り当てられ、Mydocomoで料金等の確認を行います。

dカード GOLD 家族カード

家族が持つことになるdカードGOLD家族カードの利用代金は、本会員の口座からまとめて引落しとなります。家族カード利用分のdポイントも本会員の方に貯まります(一元管理)。

家族カードに紐づいた電話番号も利用料金10%還元対象となる
1家族カードにつき1回線
年会費は1枚目は無料、2・3枚目は税込1,100円(合計3枚まで)

dカード GOLD 家族カードの入会条件は以下のとおり。

・dカード GOLD会員と生計を共にしている
・高校生を除く満18歳以上の配偶者・お子様・ご両親(本会員が学生の場合は、配偶者のみ)
・ドコモが定めるその他の条件を満たす方
・ドコモユーザー以外も可能

ということで、もともとドコモの利用料金がかかっていない、若しくはケータイプランなどで利用料金が極めて少ない方が「home 5G」の契約をして、「home 5Gの電話番号」を家族カードに紐づけるという方法が考えられるのかなと思います。

本会員と家族会員では、特典の部分ではほぼ同じ内容となりますが、クーポン等がもらえる「dカード GOLD年間ご利用額特典」は本会員のみが対象です。

dカード GOLDで家族カードをつくるメリットとは? サービス内容や活用方法を解説

home 5Gによる還元ポイント額

ドコモのケータイ(home 5G含む)及びドコモ光の利用金額1,000円(税抜)につき、100ポイント還元です。念のためドコモ151で確認しましたが、home5Gの利用金額も対象とのことです。

よって、最初の3年間の月額利用料は税抜3,500円/月ですので毎月300ポイント還元、年間3,600ポイント還元です。1,000円に満たない分は切り捨てで計算されますので毎月350ポイントではありません。

最初の3年間:毎月300ポイント還元(年間3,600ポイント)
4年目から:毎月400ポイント還元(年間4,800ポイント)

家族カード分(年会費最大1,100円)は確実に取り戻せますが、home5Gの利用料だけではなくカードを使って積極的に買い物などをしないと微々たるプラスのみになってしまうことは注意が必要です。

毎月のドコモご利用料金の10%ポイント還元

繰り返しですが、ドコモのケータイ(home 5G含む)及びドコモ光の利用金額1,000円(税抜)につき、100ポイント還元です。1カードにつき1回線ですので、1カードで「スマホ」と「home5G」の両方の電話番号を紐づけることは出来ません。

ですので、home5Gは利用料金の余りかかっていない家族(家族カード)の方で紐付けた方がいいんじゃないの?というのが上記のお話でした。

(10%還元対象)
・ドコモのケータイおよび「ドコモ光」のご利用料金
・ドコモ月額サービス

(10%対象外)
・各種手数料
・電報料
・コンテンツ使用料/iモード情報料
・ahamoご利用料金
・コレクトコール通話料
ケータイ・スマホ本体代金
・ドコモ口座による利用代金
ケータイ補償サービス

ケータイ補償/購入から3年間最大10万円キャッシュバック

「home 5G」の月額ケータイ補償料は550円(税込)です。ほとんど壊れる機会がないだろうと思われる「home 5G」に年間6,600円(550×12)はもったいないですが、dカードGOLD(家族カードも)であれば、3年間ではありますが10万円まで補償ということで、月額550円のケータイ補償は利用しないという方法も考えられます。

こちらも151で確認しましたが、「home 5G」もdカードDOLD補償最大10万円の対象とのことです。

お客さまのdカードGOLDのご利用携帯電話番号(事故発生時点でお届けの1 電話番号に限ります)について、弊社にて購入履歴を確認できる携帯電話端末に限ります。

なお、「home 5G」のケータイ補償に入っていない場合の修理代は、最大28,600円(税込)です。

一方、ケータイ補償に加入している場合は負担上限3,300円で修理、8,250円で交換電話機(リフレッシュ品)に交換となります。

4年目からのことを考えてるとケータイ補償の方がいいんじゃないかという考え方もありますので、そこは各自の判断にはなります。なお、期間の途中からケータイ補償には加入出来ませんので、dカードGOLDの補償が終わる4年目からケータイ補償に加入することは出来ません。

4年後にはイオシスなどで中古が安く買える可能性もありますし、コンセントに挿すだけで設置工事が無く、すぐに辞めることが出来るのが「home 5G」の特徴でもありますので、ケータイ補償に入らないという手もあるのかなと思います。

月額550円のケータイ補償の概略(修理)については以下となります。

その他

以上ですが、2022年1月10日現在、20歳~30歳の方は新規入会特典(家族カードは対象外)で最大22,000ポイント還元(dカードからのアップグレードは最大21,000ポイント)となっていますし、ポイントサイト(ハピタス、モッピー、ちょびリッチ ほか)の経由もお忘れなく。

dカード GOLDの紹介(入会特典)

  1. この記事へのコメントはありません。