• HOME
  • BLOG
  • au
  • 【月額990円から】auへのMNPで「スマホスタートプラン」が適用される条件/2022年7月版/4Gケータイ・ガラホ編

【月額990円から】auへのMNPで「スマホスタートプラン」が適用される条件/2022年7月版/4Gケータイ・ガラホ編

それでは前回のソフトバンク「スマホデビュープラン」適用条件に続いて、auの「スマホスタートプラン(フラット)5G/4G」について、「MNP(乗り換え)」に絞ってまとめてみたいと思います。

1年間は990円/月(税込)から、2年目以降は2,178円/月(税込)から、と大変おトクなプランとなっています。5分かけ放題付、月額高速データ通信量は3GBです。

au PAY カードをお持ちでない場合は、上記料金から110円/月(税込)アップしますのでご注意下さい。

提供条件書(適用条件)

以下はauの提供条件書(適用条件)です。そのまま転記していますが、純新規・機種変更についての記載は省略しています。

※下記提供条件書の最終更新日は2022年7月1日

次の全てを満たすこと。

①所定の取扱店等において、以下のいずれかのお申し込みをしていただくこと。

・他社ケータイからの乗りかえ(MNP)*1

④①のお申込みと同時に、表 1 の対象料金プランにご加入いただくこと。

⑤その回線について、本特約の適用を過去に受けていないこと。

*1:従来型携帯電話が対象です。スマートフォンは対象外です。お手続き時に、現在ご利用中のケータイ本体のご持参が必要です。

 

※「表1の料金プラン」とは「スマホスタートプラン(フラット)5G、スマホスタートプラン(フラット)4G 」のことです。

格安SIM(MVNO)からのMNPでも適用可能か?

結局のところ、これが可能かどうかが全てというところはありますが、結論的にはMVNOからの乗り換えでも適用可能です。

決して「マイグレ風詐欺」のような話ではありません。店舗では「ビッグローブのSIMをガラホで使用しています」と正直に伝えて下さい。

例によって念のためauチャットで問い合わせています(2022年7月22日付)。若干想定外の内容にはなりましたが。参考にして下さい。

店舗での実例

以上、チャットでした。予期せず、ビッグローブ(au回線)をauケータイ(ガラホ)で使用している前提になってしまいましたが、このようなケースでも「スマホスタートプラン(フラット)」の適用は可能です。私はこのパターンで実際に「スマホスタートプラン(フラット)」を適用させています。使用した機種は「GRATINA 4G KYF31」(SIMロック解除必須)です。

もちろん、ビッグローブ(ドコモ回線)をドコモのケータイ(3Gガラケー・4Gケータイ)で使用している場合でも問題ありません。

ソフトバンク回線であれば「Simply」等があります。パカパカケータイだけでなく、ストレート型携帯でも可能です。

店頭ではケータイの「自局番号表示」によって、「実際にケータイを使用しているのか否か」、「当該SIMカードで使用出来ているのか否か」を確認します。提供条件書に「ケータイ本体のご持参が必要です」との記載があるのはそういうことです。

但し、過去にいくつかコメントを頂いているのですが「契約中の料金プラン」が「ケータイ専用プラン」になっているのかどうかを確認する店舗があるようです。そもそもの話として、MVNOはスマホプランとケータイプランを区分してないところが殆どかと思いますので、MVNOの場合はいったい何を提示すればいいのでしょうか、という疑問はあります。

現在はいわゆる「転売ヤー」が社会問題にもなっていますし、代理店が独自にそう判断していると言ってしまえばそれまでですので、そのような場合は、その店舗での契約は諦めるしかないのでしょう。

補 足

ちなみにau、ソフトバンクについては「2017年8月1日以降発売の端末」については原則SIMロック解除無しでも、「自社回線」のMVNOで使用が可能です。

(例)SIMロック解除無しでも、au発売のケータイでau系MVNOのSIMカードが使用出来る。

例えば、ソフトバンク発売のケータイにソフトバンク回線のMVNOのSIMカードを入れても「自局番号表示」されない場合は、「2017年8月1日より前に発売されたSIMロック解除されていない端末」という可能性があります。その場合はMyソフトバンクからSIMロックを解除すればいいだけの話ではありますが、SIMロック解除可能なのが原則として「2015年5月以降に発売された機種」であること等の制約もあります。

auは、「2015年4月23日以降に発売された機種」であれば原則、SIMロック解除可能です。

「自局番号表示」されない場合は、上記のようにSIMロックがされていたり、そもそもケータイのSIMカード読み取り部が壊れていたり、様々なパターンがありますのでご注意下さい。

(※)SIMロック解除可能端末は各社ホームページに掲載されていますので、各自ご確認下さい。

(※)ドコモはこのような問題(MVNOロック)は発生しません。

  1. この記事へのコメントはありません。