• HOME
  • BLOG
  • ドコモ
  • 【2021年版】イオン量販店ドコモ特価【有料コンテンツ】の解約等について

【2021年版】イオン量販店ドコモ特価【有料コンテンツ】の解約等について

2021年2月13日(土)、イオンのドコモで機種変更をしてきましたので、有料コンテンツにスポットを当ててのレポートです。

イオン量販店のキャリアコーナー(ドコモ・au・ソフトバンク)でも、他の量販店やドコモショップのように各店独自の割引施策を行っています。

ただし、イオンの場合は基本的に、割引条件として「有料コンテンツの加入、及びコンテンツの3ヵ月継続」を求められます。主なコンテンツは以下のとおり(税抜表示)。

コンテンツ 月額料金 備 考
FODプレミアム(映画・ドラマ) 888円 フジテレビ作品
ドワンゴジェイビー 1,000円 音楽系
puipui 500円 占い系
ケンコーフィットネス 500円
ATIS交通情報 350円

自分で選択出来るのかどうかは聞き逃してしまいましたが、私が加入したコンテンツは「FODプレミアム」、「ケンコーフィットネス」、「ATIS交通情報」の3つで、月額合計1,738円(税抜)です。

税込で約2,000円程度のコンテンツ加入を求められるようです。これを3ヵ月継続となると、約6,000円ですのでお得感は激減します。ちなみに料金の支払いはSPモード決済で、携帯料金と合算しての支払いとなります。

実はこのコンテンツですが、イオンが運営しているわけではありませんので、解約したかどうかはイオン側で知る術はありません。私が即解約したかどうかの言及は避けますが、自己責任で即解約してしまうこと自体は可能です。私が断言出来ることではありませんが、割引が消えてしまうということもありません(もともと店頭一括割引です)。

基本的にわざわざイオンで高い有料コンテンツを払って機種変更等をするよりも、ヤマダ電機やヨドバシカメラ等の独自割引施策を利用した方がお得なことが多いです。今回は偶然イオンでお得な施策をみかけたため、もともと機種変更する予定はありませんでしたが、急遽契約してみました。

Galaxy A21の通常価格は22,000円(税込)ですので、イオン独自割引▲12,200円で、一括「9,800円(税込)」となります。また、MNP引き止めポイント▲11,000円付与を受けている方は、さらに割引が入って「一括1円」となります。

お近くのイオンでお得な案件を見つけた場合は、是非参考にして頂ければと思います。

【補足】
・ドコモショップとは異なり機種変更の際には現在使用しているSIMカードの持参は必須です。
・事務手数料は税込2,200円(Xi→Xi)です。
・購入したスマホ画面で各コンテンツ(3つ分)にアクセスして加入しますので、契約時間も通常より10~15分程度多くかかります。
・あくまで割引条件はコンテンツ3ヵ月継続ですので、店員さんに即解約してもいいですか等と聞くのは控えましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。