【10/7(金)まで】ソフトバンク「Redmi Note 10T」が機種変更一括5,360円(1円)/ヤマダ電機

ヤマダデンキLABI1なんば店では、2022年4月22日発売のソフトバンク版「Redmi Note 10T(税込27,360円)」が、機種変更で22,000円割引の一括5,360円(税込)となっています。端末単体割引▲5,359円も利用すれば一括1円です。10/7(金)まで。

端末単体割引▲5,359円を利用すると、ソフトバンク若しくはヤマダ電機の180日制限(単体割引は180日に一人1回まで)にかかってしまう可能性があるので、回線契約に伴う▲22,000円割引のみ使用するのがよろしいかと思います。そういう買い方も可能です。今後、当面ソフトバンクで購入する予定がない人は1円で買われればよろしいかと思います。

「回線契約に伴う」▲22,000円割引ですので、個人的にはこの割引を使用しても180日制限のようなものはかからないと思っていますが、あくまで「自己責任」でご契約下さい。

ソフトバンクの機種変更自体は、前回契約から1ヵ月経過していれば再機種変更が可能です。

ちなみに、あくまで低価格帯のエントリースマホで、SIMフリー版の「Redmi Note 10T」はスペックの割に価格が高かったのか、Xiaomiにしては珍しくハズしてしまった感はありますが、5,360円(税込)+事務手数料3,300円(税込)であれば十分お買い得なのではないでしょうか。

SIMフリー版も当初の約34,800円から相当価格は下がっています。

Redmi Note 10T SIMフリー(amazon.co.jp)

ソフトバンク版の「基本スペック」は以下のとおり。

項目 スペック
OS Android 11
SoC Snapdragon 480 5G
ROM 64GB
RAM 4GB
画面サイズ 約6.5インチ液晶
解像度 フルHD+(2400×1080)
重さ 約198g
バッテリー容量 5000mAh
アウトカメラ デュアルカメラ(約5000万画素+約200万画素)
防水 IPX5,IPX8
防塵 IP6X
おサイフケータイ 対応
SIM nanoSIM/eSIM

対応周波数帯は以下のとおり。デュアルSIM仕様で、周波数帯的にはドコモ、au、楽天モバイルでも使用出来るかとは思いますが(4Gのband26はband19を内包)、こちらも自己責任でお願い致します。

5G NR n3/n28/n77/n78
LTE-FDD B1/2/3/4/8/12/17/18/26/28
LTE-TDD B38/39/40/41/42
WCDMA B1/2/4/5/6/8
  1. あげ丸

    大手3社だと、プラン料金が気になるね。ブラックになりたくないから1年くらいは使おうかなと思うと、そっちの料金がバカにならない。
    あと、バンド18と26は、共通してると聞いたことあるけど、19と26も共通してるのかな?

    • Sakura R5G

      コメントありがとうございます。あくまで既存ユーザー用ですね。
      2〜3年前からband26で19を掴めるようになったようです。

  2. あいあい

    関東のヤマダでも実施していましたが22,000円割引のみ使うということは出来ず全ての値引を使用した1円のみとのこと。
    試しに申し込んでみましたが、別機種で施策の利用歴があったため、今回キャンペーン価格での購入はできませんでした。

    • Sakura R5G

      出来ないんですね。情報有難う御座いました。