Google Pixel 4はTWS Plusに対応していない模様

完全ワイヤレスイヤホンをお使いの方も多いかと思いますが、今回はGoogle Pixel 4が「TrueWireless Stereo Plus(TWS Plus)」に対応しているのかどうかを確認してみました。

また、下記記事も参考にして頂ければと思います。


TrueWireless Stereo Plus(TWS Plus)

まず、従来の完全ワイヤレスイヤホンの接続は、まず音声の信号をⅬ(左)のイヤホンに送り、次にⅬのイヤホンからR(右)のイヤホンに信号を送る、といったような仕組みになっています。このⅬからR(若しくはRからⅬ)へ送る仕組みだと、人の頭部が障害物になる等してどうしても音が途切れやすくなってしまいます。

そこで、「TrueWireless Stereo Plus」ではどちらかのイヤホン片方に信号を送るのではなく、左右それぞれのイヤホンに直接信号を送る仕組みを採用しています。

効果としては、消費電力が最大10%削減されることや、両方のイヤホン間でより均等にバランスのとれた電力配分により再生時間が長くなること、そして音(信号)が途切れにくくなること等が上げられます。

Pixel 4はTWS Plusに対応していない模様

TWS Plusに対応するAQUOSR3と比較すると分かりやすいのですが、AQUOSR3はTWS Plus対応のイヤホン(AVIOT TE-D01b)と接続した時に、LとRの2台がそれぞれしっかりペアリングされていますが、Google Pixel 4は1台(片方)のみの接続(ペアリング)です。当然、左右両方のイヤホンから音楽は流れます。

ペアリングは片方のみ

開発者向けオプション

また、TWS Plusの仕様として、TWS Plusで接続されている場合は、スマホの開発者向けオプションを見ても接続コーデックが表示されないという特徴があります。

そこで、Google Pixel 4の開発者向けオプションを見てみると、しっかりと「aptX」での接続表示となっています。つまり、Google Pixel 4はTWS Plusに対応していないということになります。

以下はTWS Plus対応のイヤホン(AVIOT TE-D01b)と接続させたAQUOSR3のペアリング画面です。両方別々にペアリングがされ、各イヤホンの電池残量も分かります。

LとRの2台接続

既述のとおり、TWS Plusで接続されている場合、開発者向けオプションでは「aptX」で接続されていることを表示上は知ることが出来ません。下記はTWS Plusで接続されているAQUOSR3の画面です。

開発者向けオプション

TWS Plus 接続条件

この「TWS Plus」はクアルコムSoCである「Snapdragon 855」に標準搭載していると言われていますが、実際に各スマートフォンがTWS Plusを実装するか否かは端末を製造するメーカーに依拠するようです。実際に、2019年夏モデルではSnapdragon 855搭載機が登場していますが、TWS Plusを実装するのは、「SONY Xperia 1」「SHARP AQUOS R3」の2機種のみで、同じくSnapdragon 855を搭載する「Galaxy S10」はTWS Plusに非対応でした。

また、SoC「QCC51~」「QCC302~」チップが搭載されているイヤホンを使用する必要があります。今回使用した、AVIOTのTE-D01bは「Qualcomm(クアルコム)社製QCC3026」でTWS Plusに対応しています。また、同メーカーのTE-D01gは「QCC3020」でこちらもTWS Plusに対応しています。低音の響きや音のクリアさなど、TE-D01bの方が評価は高いです。

SONY WF-1000XM3

「TWS Plus」はスマホ(送信側)もイヤホン(受信側)も「TWS Plus」に対応している必要があることに注意が必要です。なお、「SONY WF-1000XM3」もTWS Plusに似た左右別々の伝送方法(左右同時伝送)がとられていますが、スマホ(送信側)は特に条件はなく、どんな端末でも左右同時伝送が可能となります。

この記事の著者

Sakura HD

Sakura HD

コメントは承認制になっており、私が承認するまで表示されません。

Twitterも始めましたので、よろしくお願いします。基本的にブログの記事を転載しただけの、とてもつまらないTwitterですが、フォローして頂ければ幸いです。

平日は仕事をしており、更新頻度も少ない趣味的なブログです。現在のメイン機種はGoogle Pixel4、Pixel3です。

この著者の最新の記事

コメント

  1. アバター
    • 匿名
    • 2019年 11月 01日

    Pixel 4 XLとOutlier Air使用してますが左右同時に2台接続可能ですよ。

    • Sakura HD
      • Sakura HD
      • 2019年 11月 02日

      情報ありがとうございます。ちょっと時間はかかるかもしれませんが、別のイヤホンでも確認したいと思います。

  2. アバター
    • 匿名
    • 2019年 11月 14日

    Pixel4 と NUARL NT01AX ではダメでした。

  3. アバター
    • 匿名
    • 2019年 12月 25日

    記事を見てよく分からなかったのですが、
    SONY WF-1000XM3はPixel4に関係なくTWS Plusと同様の動作になるのでしょうか?
    あとPixel4は使用するイヤホンで動作が異なるのでしょうか?

    • Sakura HD
      • Sakura HD
      • 2019年 12月 25日

      分かりにくかったようで失礼致しました。「WF-1000XM3 TWS Plus 左右同時転送」などで検索すると、もっと詳しいレビュー等が載っていると思います。WF-1000XM3は、スマホの種類関係なくTWS Plusと同じような左右同時転送になる、ということかと思います。クアルコムのTWS Plusとは別の技術を使っているということだと思います。

      また、クアルコムのTWS Plus対応を謳うイヤホンを使ってTWS Plus(左右同時転送)をするには、スマホもTWS Plusに対応していなければなりません。私が確認した限り、Pixel4はTWS Plusに対応していないため、TWS Plusに対応したイヤホンを使おうが使わまいが、どっちにしても従来のR→Lリレー方式の伝送方法になるということでよろしいかと思います。

      なお、AQUOSR3はTWS Plusに対応しているため、クアルコムのTWS Plusに対応したイヤホンを使えば左右同時転送になるし、TWS Plus非対応のイヤホンを使えばR→Lリレー方式の転送方法になります。

    • Sakura HD
      • Sakura HD
      • 2019年 12月 25日

      「SONY WF-1000XM3はPixel4に関係なくTWS Plusと同様の動作になる」ということでいいと思います。私も現在「外音取り込み+TWS Plus」対応のイヤホンを探しているのですが、1万円代だと今週発売されるAVIOTのイヤホンしかないようです。2万円以上なら、ちらほらあるのですが、2万円出すならWF-1000XM3を買えばいいよね、ということで悩んでおります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


iPhone11 Dual-SIM 256GB レッド 【未使用】【香港版 SIMフリー】【当社6ヶ月保証】【イオシス 】

ページ上部へ戻る