auでも中古端末のSIMロック解除が可能に

 2019年9月1日、ドコモ、ソフトバンクに続き、auでも中古端末のSIMロック解除が可能となった。もちろん、auでのSIM契約者本人以外でも可能である。この変更は、総務省の「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針(令和元年5月改正)」に対応したものである。

 auでは、2017年11月30日までは契約者本人以外が中古端末を持ち込んでのSIMロック解除が可能であったが、当時の総務省ガイドラインにより、2017年12月1日からSIMロック解除の申し込みが出来ないように変更された経緯がある。再びガイドラインが変更されたことにより、中古端末のSIMロック解除が可能となったわけである。

 なお、現在使用しているau端末に他社(ドコモ回線及びソフトバンク回線)のSIMを入れて使用する予定がない場合は、無理にSIMロック解除する必要はない。
 
 SIMロック解除は、以下の条件をすべて満たすau携帯電話などが対象である。なお、中古端末のSIMロック解除はauショップに行く必要があり、手数料は1台3,000円(税別)となっている。

●2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種であること。
SIMロック解除対象機種一覧はau公式ホームページでご確認下さい。下記にリンクを貼って置きます。ちなみに古いiPhoneだと、iPhone SEやiPhone 6sは対象機種であるが、iPhone 6は対象外となっている。

●ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと。

●機種購入日から101日目以降であること。
ただし、以下の場合は機種購入日から100日以内でもSIMロック解除の手続きが可能となります。
・当該機種を一括払いでご購入いただいている場合
※au購入サポートなど(ご購入機種の継続利用および適用条件の継続契約を条件として、機種のご購入代金の一部を当社が負担する施策)が適用されている機種については、機種購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きが行えません。
・対象回線におけるSIMロック解除実績※があり、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降の場合
※2017年7月11日以降に受付したSIMロック解除が対象です。

※機種購入日当日を「1日目」とします。

※ご購入いただいた機種は、機種購入日の翌日に購入履歴に反映されます。

※上記の条件を満たしている場合でも、故障がある場合は修理完了後のお手続きとなります。また、ご利用料金を滞納中の場合は当該料金のお支払完了後のお手続きとなります。

詳細はau公式ホームページで確認をお願いしたい。

この記事の著者

Sakura HD

Sakura HD

コメントは承認制になっており、私が承認するまで表示されません。

Twitterも始めましたので、よろしくお願いします。基本的にブログの記事を転載しただけの、とてもつまらないTwitterですが、フォローして頂ければ幸いです。

平日は仕事をしており、更新頻度も少ない趣味的なブログです。現在のメイン機種はGoogle Pixel4、Pixel3です。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


iPhone11 Dual-SIM 256GB レッド 【未使用】【香港版 SIMフリー】【当社6ヶ月保証】【イオシス 】

ページ上部へ戻る